本体重量は5.1kgと比較的軽量で、簡単に持ち運べます。 ただ、重い本を持って立ったまま長時間同じ姿勢で頭や腕を支え続けると肩こりの原因にもなります。人が自然に立ち、背骨がS字にカーブする状態で、そのまま仰向けになるのが理想の寝姿勢です。一方で、うつ伏せ寝にはデメリットもあります。快適な寝心地が保てるのが特徴で、日本を代表するホテルにも数多くの導入実績があります。入眠障害などの不眠症を抱えている場合に推薦される寝方というのも納得できます。横向き寝)より、呼吸量の確保ができるため、入眠の速さと睡眠の質を高めてくれます。座って読書をする正しい姿勢のポイント2つ目は、本を支える読書用の場所を確保して読む、ということです。脊柱管狭窄症 禁忌:肢位 寝方 高齢者 禁忌姿勢について現役リハビリ職のブログ主【あさってのJO】がお伝えします! もともと、うつ伏せで寝る寝方は、隔膜を運動させ腹式呼吸を促すことから、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療や寝たきりの人向けにバイタルや呼吸管理の視点から生まれた経緯があります。

睡眠中には舌や気道付近の筋力の脱力により、うつ伏せで寝る以外の寝方だといびきや無呼吸症候群(SAS)になる人も少なくありません。呼吸がしにくい場合に、呼吸を少しでも楽にできる寝姿勢があります。姿勢の悪さは見た目が悪くなってしまうだけでなく、腹筋や背筋も衰えてしまいます。背筋が後ろに傾倒している反り腰の人は仰向けによって、腰が浮いて支えのない状態が続くため腰痛が悪化します。 また、楽だからと言って枕を高くして読書をするのも、首や背中に柔軟性がなくなってしまい、筋肉に緊張を感じ、肩こりや首こりにつながります。肩こり矯正ベルトという商品名で売り出されている商品がありますが、それは猫背矯正ベルトでもあるのです。背面まで化粧仕上げで、デザイン性が高いのもポイントです。 PVC仕上げで撥水性が高く、汚れを拭き取りやすいのも魅力です。 うつ伏せで寝るのが習慣になっている人は、性格としても象徴されていることが多く、警戒心の強い一方で協調性を大切にする相反する性格ですが、言い方を変えればバランス感覚が取れているため周りに安心感を与えてくれる性格だとも言えます。日々の習慣で慣れ親しんだ寝方には十人十色ですが、少数派として未だ根強い支持がある寝方の真相に迫ります。