そうすると身体のバランスを取ろうとして前傾姿勢になるため、口を開ける筋肉(開口筋)が動きやすくなり、口がぽかーんと開いてしまうのです。姿勢が悪くて肩周りや首の筋肉が凝ってくると、それが頭痛やめまいの原因になることもあります。 その時の悪い姿勢が骨盤をゆがめている原因かもしれません。平成2年にも同様の調査が行われているのですが、その時に浮き足だとされた子はわずかに16.3%だったそうです。東京都足立区の養護教諭である小澤先生が児童の足型を測定したところ、実に81.7%の生徒が「浮き指(浮き足)」だということがわかったそうです。東京都が早稲田大学と共同で行った子供の姿勢の研究によると、姿勢の良い子と悪い子では、学習への意欲や積極性、自己肯定感などで差が見られたということです。 たしかに大人でも自己肯定感の低い人はうつむきがちで自信が無さげに話す人が多いことを考えると、何としても子供のうちに姿勢を良くして、しっかり前を向いていられる子になって欲しいと思います。正面を向いてあごを引き、背筋を真っ直ぐに伸ばす。暇さえあれば下を向いてスマホをいじっていたり、だらんとソファに寄りかかってゲームを長時間続けていませんか。長時間椅子に座って勉強できない子やじっくり読書が出来ない子などは、「勉強しなさい!悪い姿勢のまま成長していくと、見た目が良くないだけでなく、体に様々な弊害が生じ、病気になってしまうケースもあります。

姿勢が悪いと見た目にももちろんよくないですが、心配なのは健康面への影響です。逆に、姿勢を良くすればこれらの健康面、学力面、運動面について良い影響があると考えられています。 また、You Tube動画「てるてるチャンネル」では、健康の事、身体の事を定期的に発信していますので、チャンネル登録いただき、ご視聴いただけるととても嬉しいです。 また、姿勢が悪いと自律神経のバランスが乱れます。特に5~9歳までの間は、神経系の発達が著しく伸びる時期ですので、例えば俊敏に動けるように反応速度が高まったり、動きを習得するのに最適な時期です。 姿勢 矯正 整体 この時期に神経系の発達がほとんど完成するため、正しい動作を身に着けるには最適な時期と言えます。長時間連続してゲームやスマホを操作していると、ついつい夢中になって猫背になりがちです。姿勢の悪さが子供の成長に深い関わりがあるということは、様々な調査からわかってきています。子供も頭ごなしに怒られるより、姿勢が悪いことのデメリットと、姿勢を良くすることは自分のためにもなるんだということがわかれば、少しずつでも意識するようになるでしょう。子供向けには「バランス」をメインとしたトレーニングで、遊び感覚のエクササイズが有効です。正しい姿勢を知らずに育った大人は、子どもの姿勢の悪さに気づかない 傾向があります。子供は姿勢がいいかどうかなんて、自分では気にしていません。

大人が口出ししなくても、子供たちが自分で考え、動きを習得できるのも、運動能力がどんどん発達するゴールデンエイジの時期だからだと思って頂ければと思います。子供達の身体はまだまだ成長の途中にあり、今の時期に身体のバランスをしっかり整えておくことが丈夫な身体作りの基礎となるからです。成長期が終わってから姿勢を矯正しても身長は伸びませんので、子供のうちに治してあげたいですね。子供の姿勢を矯正するのに効果的な方法には以下の3つがあります。悪い姿勢は、疲れやすい、呼吸が浅くなる、頭がスッキリせず集中力が乏しくなる、目が悪くなる、動作がぎこちない等、様々な身体運動的な不具合を引き起こすだけでなく、子どもが豊かに成長するために必要な様々な環境の情報を受け取る感覚機能まで低下させてしまいます。最後に姿勢矯正に効果的な器具をご紹介します。最後に、子どもの姿勢を矯正するポイントを順に解説します。子供を目の前に立たせて、子供に目を閉じるように伝えて、その場で足踏みをするように言いましょう。

また、子供は目の前にいる人を無意識に真似するものです。 また、姿勢の良い子は平日に部活で身体を動かしている時間も長く、運動と姿勢の関係も裏付けられたといえるでしょう。 また、悪い姿勢のまま練習をすると、間違った状態での動きを身体が学習してしまうため、悪いフォームが身体に定着してしまうといったことも考えられます。子供達の姿勢が悪くなる原因は主にこのようなことが考えられます。子どもの 健やかな成長をうながすためには、親子で生活の環境を見直し、正しい姿勢を意識 しながら過ごしましょう。成長期に姿勢が悪い状態が続くと骨格の歪みにつながり、身長が伸びにくくなってしまいます。呼吸で十分な酸素を取り入れることが出来ないと、身体の隅々まで酸素を取り込むことが出来ず、それが身体の動きにも影響してきます。 つまり、呼吸をする時に酸素をたっぷりと取り込むことが出来ないために呼吸が浅くなってしまうのです。猫背の状態が長く続くと、肺が圧迫されて浅い呼吸しかできず、十分な酸素が取り込めません。体が前かがみになると内臓が圧迫され、食べてもすぐにおなかが苦しくなるデメリットもあります。食べ物がしっかり入っていきませんし、曲がった身体に内臓を圧迫されているので、胃腸の消化活動にも影響が出ます。

Previous post 姿勢 矯正 クッション おすすめ
Next post アシックス 姿勢 矯正 シューズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー